運動は血糖値を下げ、インスリンの働きを改善します。

MENU

ウォーキングが糖尿病にはおすすめ

 

糖尿病になると、ドクターから運動をするようにという指示がされると思います。
糖尿病では、どうして運動が必要なのか、またどのような運動をすればよいのでしょうか。

 

糖尿病と運動の関係

運動をするということは、筋肉を動かすためのエネルギーが必要です。
エネルギーは、ブドウ糖が使われるので血液中のブドウ糖を筋肉の細胞に取り入れて消費します。
そうすると、血糖値は自然と下がるという仕組みです。

 

 

糖尿病の運動は、ウォーキングがおすすめ。

糖尿病の運動には、ウォーキングがすすめです。
糖尿病の場合肥満であるケースが多く、激しい運動やジョギングなどでは、ひざに負担がかかったり、いきなり慣れない運動をすると心筋梗塞になる可能性もあります。

 

ウォーキングは、靴さえあればすぐにでも始めることができ
自分の体力に合った範囲で、調節しやすいという良い点もあります。

 

運動によって肥満が解消されると、インスリンの働きも、改善され血糖値が下がります。
運動することそのものでも、インスリンの働きは改善されます。

 

 

ウォーキングの方法

ウォーキングは、毎日続けることが簡単にできるスポーツです。
毎日続けることがとても重要です。
最低1日30分は歩くようにしましょう。時間があるのならば、散歩がてらに、1時間でも2時間でも自分の都合で時間を延ばしても良いでしょう。

 

30分以上歩くというのは、血糖値を下げるためには血液中のブドウ糖を消費するまでには10分以上かかるのでそこからが血糖値をさげる効果があります。

 

だらだらあるくのではなく、さっそうと、大きく腕を振り、少し早歩きで少しきついくらいの速さにします。

 

まず歩く前にストレッチングをして、筋肉をあたため、けがのないようにします。
10分ほどストレッチングをしただけでも、効果はあり、肩こりなどの解消にもなります。

 

その後普通に歩きだし、徐々にスピードを上げていき早歩きを20分以上続けます。
その後クールダウンに、少しゆっくり歩きだし、最後にもストレッチングを10分ほどします。

 

ウォーキングをするのに、最適なタイミングは食後1~2時間と言われています。
食後1~2時間は、血糖値の上がるピークとなり、運動で血糖値を下げることに効果があります。

 

空腹時にウォーキングをすると、低血糖になる可能性もあるので、気を付けなければいけません。
とくに、インスリン注射等、血糖降下の薬を飲んでいる場合には、低血糖の症状が出る可能性が多くなり空腹時のウォーキングは避けなければいけません。

 

 

どうしてもウォーキングが続かないひとは

比較的誰でも簡単にできるウォーキングですが、それでも、続けることは困難な人もいます。
そういう場合は、万歩計を使い、一日の歩数を記録するようにしましょう。

 

糖尿病になっている、肥満の人は、自分が案外歩いていないことに気付くと思います。
少しでも歩数をふやすという、ゲーム感覚の達成感で一日どれだけ歩いたか、明日はもうすこし頑張ろうという気持ちになるようで歩数計を持った人は、自然と歩数が増えるようになるというデーターもあります。