糖尿病回避方法として運動はもうひとつのカギ

MENU

運動はもうひとつのカギ

 

食事のほかに、糖尿病になるもう一つの理由は、運動が足りないことです。

病気になる原因はこちら

 

運動が足りないとなぜ糖尿病になるのか、それはインスリンの働きと比べてみるとよくわかります。
インスリンは、血のなかのブドウ糖を減らしてくれます。
ですが、どうやってインスリンは血のなかのブドウ糖を減らしているのでしょうか。
インスリンがカギとなって、筋肉と脂肪の細胞の入り口が開き、細胞はブドウ糖を取り込むわけですが。ということは、細胞に入る分だけ、血のなかのブドウ糖は減るということになります。
それでも、血のなかのブドウ糖があまるようならインスリンはそのブドウ糖を脂肪に変えてたくわえさせます。これで、あまったぶんのブドウ糖も減るということです。

 

これが、どうやってインスリンが血のなかのブドウ糖を減らすのか、そのやりかたです。
運動をしない人が、でんぷんをたっぷりふくんだ食事をしたとします。
食事のあとで、血のなかのブドウ糖が増えます。
じっと動かないままだとインスリンをたくさん出して筋肉の細胞の入り口を開けてブドウ糖を減らさなければなりません。
つまり、運動をしない人は、食事などで「糖」の仲間を食べるとインスリンをとてもたくさん出さなければいけないということです。
ですが、食事のあとに運動をしていると、インスリンを節約することができます。なぜなら、運動をしていると、インスリンというカギがなくても筋肉の細胞の入り口は開くからです。
運動をするということは、筋肉が働くということです。
働くにはエネルギーが必要です。
それで、わざわざインスリンがカギになって入り口を開いてあげなくても、筋肉の細胞は自分からすすんで入り口を開けてくれるのです。つまり、運動は筋肉の細胞の入り口を開けてくれる、もう一つのカギとして働くということになります。

 

また、運動をしているとエネルギーを使うので、血のなかのブドウ糖があまりにくくなります。
あまったブドウ糖が少なければ、そのぶんだけ、インスリンも働かなくてすみます。
運動をすると、インスリンの必要な量が、運動のぶんだけ少しになるということです。
つまり、運動はインスリンの節約になります。
逆に言うと、運動をしないと、インスリンはまったく節約できないわけです。
運動をしない人は、インスリンがよりたくさん必要になりすい臓が疲れやすくなるので、糖尿病になりやすいということになります。「糖」の仲間をたくさん食べすぎること、これに加えて運動がたりないことも糖尿病になる理由なのです。