妊娠したことにより血糖値が基準以上に高くなります。

MENU

妊娠糖尿病とは

 

妊娠中、妊婦さんが糖尿病であるということは、母体や胎児に影響を及ぼし注意が必要です。
妊娠をきっかけに、糖尿病になるというケースもあり、その場合妊娠糖尿病と呼んでいます。

 

 

妊娠糖尿病とは

妊娠中は、体に様々な変化がおこります。
毎月の定期検診で、糖尿の検査をすると思いますが、その時に発覚した妊娠をきっかけに起こる糖尿を妊娠糖尿病と呼んでいます。

 

妊娠前から、糖尿病の場合は、糖尿病合併妊娠とよばれて、区別されています。
妊娠糖尿病になると、出産後は元通りになりますが、将来に糖尿病になるケースが半分と言われ注意が必要です。

 

妊娠糖尿病になる原因はいくつか考えられ、ホルモンの変化が原因で、インスリンの働きが正常にならなくなってしまうケースと胎児と母体に栄養が必要となり、いつもより多くのブドウ糖を必要となるために活発に代謝が行われますが、必要な栄養素の不足をおこし代謝異常を起こすということもあります。

 

妊娠糖尿病による影響

妊娠糖尿病には色々なリスクがあります。

  • 流産、早産のリスクが高くなる。
  • 妊娠中毒症になりやすくなる。
  • 胎児が巨大児となる。
  • 発育不全、奇形のリスクがある。
  • 赤ちゃんが生まれた後低血糖になる。
  • 赤ちゃんが呼吸困難となるリスクがある。
  • 合併症がある場合、悪化しやすくなる。

 

 

妊娠糖尿病にならないように気を付けること。

つわりもおさまった妊娠中期には、食欲も出ることから、せっせといつもよりも多く食べるという人もいますが、カロリー摂取には気を付けなければいけません。
洋食中心よりも、和食の方がお勧めです。
甘いものはなるべく控え、バランスよく食べることが大切です。

 

妊娠中でも、安定期には良く歩くとお産も楽になります。激しい運動は考え物ですがウォーキングは気分転換に散歩がてら、ストレス解消にもなりおススメです。

 

>>運動はもうひとつのカギ

 

妊娠糖尿病になってしまった場合、カロリー制限をされます。
野菜中心に、甘いものを控えるというように気を付けます。
急激な血糖値の上昇が起こらないように、小分けに食事をするという方法での食事をします。