食事でインスリンの働きが変わるのをご存知ですか?

MENU

食事で出るインスリン

 

インスリンの働きの一つは、筋肉と脂肪の細胞が血のなかの「糖」を取り込むための入り口のカギということでした。ところで、インスリンの出方には、二種類あります。

 

まず、ふだんの出方です。
インスリンが人が生きていく仕組みに深く関わっています。
そのために、正常人の場合、インスリンは、一日じゅう少しずつ出ています。
また、血のなかにはブドウ糖もほどほどに量が入っています。
インスリンが少しずつ出ていて、ブドウ糖もほどほどにある。
血のなかの、ふだんの様子はこんなぐあいです。

 

ですが、食事やおやつなどで、「糖」の仲間を食べると、インスリンはふだんとは違った出かたをします。でんぷんや砂糖などを食べると、おなかがそれを小さく切ってブドウ糖にします。
そのブドウ糖が血のなかに入ってくるので、血は「糖」がいっぱいでとても甘くなります。
甘い血は体にとって害になるので、「糖」をへらさなければなりません。
「糖」を減らすためにはインスリンが必要になります。
そして、減らさなければいけない「糖」が多ければ多いほど、インスリンはたくさん必要になります。それで、食事のあとに、インスリンが普段の何倍もたくさん出ます。
ブドウ糖がたくさんあり、インスリンもたくさん出る。
これが食事のあとの、血のなかの様子です。

 

ふだん、少しずつ出ているインスリン。
食事のあとに、たくさん出るインスリン。
インスリンの出かたには、この二種類があるということになります。

 

「糖」を食べ過ぎる生活で病気になる

ふだんから少しずつ出ているインスリンは、人間が生きるために必要なものです。
つまり、生きるためのインスリンです。
食事のあとにたくさん出るインスリンは、血が甘すぎると体の害になるので必要になってくるものです。つまり、健康のためのインスリンです。
生きるためのインスリンは、どんな人にとっても同じように必要です。
ですが、健康のためのインスリンは、人によって必要な量がちがってきます。
食事で何をどのくらい食べるかというのは、人によって違います。
食事で「糖」をたくさん食べれば食べるほど、インスリンもたくさん必要になります。
毎日、たくさんの「糖」を仲間をふくんだ食べ物を食べ続けているとそれだけ多く、健康のためのインスリンが必要になります。
そのぶんだけ、インスリンを作っているすい臓は忙しくなりあまりにそれが続くとそのうち疲れて、インスリンを少ししか作れなくなります。
すると、糖尿病になるわけです。
つまり、糖尿病になってしまう一番の理由は「糖」をたくさん食べ過ぎるといういつもの食事の内容のせいということになります。