体質で遺伝するのかどうなか疑問ではありませんか?

MENU

体質は遺伝する

 

「糖」の仲間を食べすぎる。
運動が足りない。
この二つが、糖尿病になる大きな理由なのですが、もう一つ、理由があります。

 

それは体質です。
同じような食生活、同じような運動をしていても、糖尿病になる人と、ならない人がいます。
これは体質の違いにあります、インスリンを出す力には人によって差があります。
ほかにも、糖尿病に関係したいろいろな体の仕組みがあり、それにも人によって差があります。

 

こうした体質のちがいは、遺伝しやすいです。
なので、糖尿病になりやすい家系というのがあります。
とくに両親た兄弟など近親に糖尿病の人がいると、要注意です。
ただ、間違えてはいけないのは、糖尿病という病気がそのまま遺伝するわけではありません。
あくまでも、糖尿病になりやすい体質が遺伝するということです。

 

食事の内容や運動に問題がなければ、糖尿病になりやすい体質の人でも、この病気になるわけではありません。
ほとんどの人は二型糖尿病です。
じつは、糖尿病にも種類がいくつかあります。
日本で多いのは、二型糖尿病という種類です。健康診断などで「糖尿病ですね」と言われるのはほとんどが二型糖尿病です。
これは、インスリンをたくさん必要とする生活が長く続いたことによって起こる糖尿病です。
二型糖尿病の特徴は、インスリンの働きが少しずつ悪くなっていくことです。
インスリンを少ししか作れない状態が、どんどん悪くなります。
ですが、食生活を良くしたり、運動をしたりなど生活のやり方を変えれば、悪くなるのを止めることはできます。

食事療法の主なポイントはこちら

 

もう一つ。一型糖尿病というのがあります。
これは、すい臓のインスリンを作っている部分が壊れてしまっておこる病気です。
この種類の場合、インスリンがほとんど出ないので、すぐにお医者さんにかからないと死んでしまう危険があります。
日本人の糖尿病では、一型が20人に1人ほどで、残りのほとんどが二型です。
また、このほかにも、妊娠中に起こる妊娠糖尿病などもあります。