低血糖かもしれないと思ったら、すぐに糖分の補給をできるようにしておくことが大切です。

MENU

低血糖とは

 

糖尿病になると、糖の摂取にあまりにも血糖値が高くならないことに気遣うあまり低血糖になってしまうケースなどがあります。

 

糖は多すぎるのも良くありませんが、少なすぎると、究極にはこん睡状態に陥ることもあります。
低血糖は、糖尿病では、特に気を付けなければいけません。

 

 

どうして低血糖になるのか

低血糖とは、血糖値が60~70mg/dl以下の状態を言います。

 

血糖値は食事をするなどによって、常に変化をしていますが低血糖の状態になる原因には

  • 糖尿病の治療のインスリンの過剰投与
  • 内服薬の使用過剰
  • 空腹
  • 抗不整脈剤
  • アルコール摂取
  • 胃下垂
  • インスリンの感受性が高い

等が原因です。

 

投薬などが原因という特殊なケースもありますが、空腹になるのは誰にでも起こることで、自然に治るので気が付いていないという場合がほとんどです。

 

 

低血糖の症状

 

血糖値が急激に下がる場合の症状は

  • 空腹
  • 発汗
  • 震え
  • 唇の乾燥
  • 動悸

といった自律神経症状がおこります。

 

血糖値が緩やかに下がった場合

  • 集中力がなくなる
  • 眠気
  • 頭痛
  • 痙攣
  • おかしな行動
  • 昏睡状態になる

 

この様なことに対して、自覚症状がない場合もあり、無自覚性低血糖といい糖尿病神経障害と、無自覚性低血糖を合併すると、とても危険な状態となります。
低血糖であるということが、感じることができず、すぐに対処ができなくなり、おかしな行動をとったり、記憶がないこともあり、こん睡状態になる可能性もあります。

 

低血糖かもしれないとおもったらすぐに糖分の補給をできるようにしておくことも大切です。

 

 

低血糖の為に用意すべきこと

低血糖になったときの為に、常に持ち歩くというものにブドウ糖のタブレットの様なものがあります。あめなども良いですが、吸収するまでに時間がかり、ブドウ糖を持ち歩くということが最適な方法です。

 

常に、血糖値には気を配り、最近では、自分で簡単に血糖値を測るものもあるので忙しい日や、食事が十分とれない時なども、気を付けて測るようにし、低血糖の時はすぐに対処できるようにしておきましょう。